shu ha ri

shu ha ri

それは、守破離の考え方に基づいてつくられた
型破りな日本茶です。

お茶は3種類。いずれも個性的な煎茶をオリジナルで開発しました。
日本茶は、淹れ方によって、様々なポテンシャルが引き出されます。
好みのお茶に出会えたら、様々な飲み方で、飲みくらべていただけます。それでは奥深い日本茶の世界へ、ようこそ。

戦国時代に愛されたお茶を現代に。

現代では、単一品種の日本茶が人気ですが、 あえて古典的なブレンド製法に注目して開発しました。 「shu ha ri」では、戦国時代に愛されたお茶の飲み方も提案します。 いずれも世界にたったひとつの日本茶たち。 3種類のお茶をご用意しています。 ご自身で、ギフトに、様々なシーンでご利用いただけると幸いです。

一、朝の目覚めや気分を入れ替えるためのお茶

玉露のようなガツンとした重厚さがありながら、非常に香り高く、ミルクのようなとろみのある口当たりをお楽しみいただけます。朝の目覚ましとしてや、メリハリをつけたい時、気分を入れ替えたい時などに飲おすすめの一杯です。奈良・月ヶ瀬、三重・水沢など日本を代表する産地のオリジナルブレンドにより開発した煎茶です。

二、雨の日に本を読みながら

森林に入って苔を踏んだような、生命の始まりを感じさせるお茶です。それでいて、後味が非常にすっきりしているのも特徴のひとつ。日本茶の本来の心地良い渋みをお愉しみいただける一杯です。心を落ち着かせたい時、カラダが疲れている時、雨の日に本を読みながらリラックスしたい時、自身を見つめ自分と向き合いたい時など、深く自分に内面に潜って行きたい時におすすめです。

三、覚醒せよ、それは戦国時代のエナジードリンク

覚醒せよ、それは戦国時代のエナジードリンク
戦国時代の武将は、戦の前にお茶を飲み、気分を高揚させたと言われいます。そんな戦国時代のエナジードリンクをイメージして開発しました。カフェインを多く含んだ碾茶と京都・宇治の特殊品種の煎茶による合組。高温で淹れると、上品な苦味と香ばしくて出汁のような甘い香りが脳を刺激します。しかも体に優しい。仕事やスポーツの前に気合いを入れたいときにおすすめです。

HOW TO USE

楽しみかたは十人十色。

日本茶は温度、抽出時間によって「旨味(アミノ酸)」「渋味(カテキン)」「苦味(カフェイン)」の抽出度合いが代わり、 甘み・香り・渋みなど味が大きく変化します。 ぜひご自身で、お好みのスタイルを試してみてください。
※ご購入いただいた方には、一、二、三のそれぞれのお茶の適切な温度をご紹介させていただいております。

大切なあの方への、ギフトにも。

あなたの欲しい“気分”に合わせて日本茶を選ぶ。そんな、新しい日本茶の楽しみ方を提供できるギフト。贅沢な時間の過ごし方を大切な方へプレゼントしませんか?

shu ha ri

shu ha ri

3種セット4,950yen/単品1,650yen

3種セットは、「ティーバッグ3g×5包×3種(一、二、三)」もしくは「茶葉50g×3種(一、二、三)」からお選びいただけます。

room705 ONLINESTORE